2013-09-03 20:43

午前中、手紙を送るため外に出るとほぼ同時くらいに日照り雨が降り始めた。 封筒も少し濡れてしまったが、それもまたこちらの様子を伝える一つのメッセージ なのかとも思う。 手紙を出しにいきながら、その帰り道に切手を買いに大学の郵便局に寄る。 今日発売されたという切手があった。秋の花があしらわれた切手だ。 そのうち2枚は薔薇の花が描かれていたけれど、薔薇は秋の花なのだろうか。 そんな風に調べていくのもまた楽しい。 切手を購入して研究室に戻り、改めてじっくり眺めようとすると切手シートが 2枚重なっていることに気がついた。慌ててシートの片割れを返しに戻る。 丁度また、買った時と同じ局員さんのところで少し気まずかったがお互いに 照れて笑って「ごめんなさい」と謝りあった。 それが可笑しくて、また笑った。 間違いが繋ぐ会話も表情も、温かなものだと嬉しい。

広告を非表示にする